FC2ブログ
かたなっち
日々の出来事を書き残していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
[023]黒龍の柩(下) 著:北方謙三
(あらすじ)
時代は激しく動いた。徳川慶喜は朝廷に大政を返上。江戸幕府は終焉を迎える。だが新政府は追討令を発し、江戸に進軍を開始する。遂に土方歳三らは、壮大な計画に踏み切った。徳川慶喜を極秘に蝦夷地へ。数十万の幕臣を呼び、豊富な海産物・鉱脈を利用し、独立国家を建設する。男たちの夢は、果たしてかなうのか。新・幕末歴史小説ここに誕生!!

さて、今日は昨日宣言した通り、下巻の紹介もしたところで、読んだ感想を書かなくては。
幕末を舞台にした小説としては、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」(だったと思う)を読んだくらいしかない。この本を読んだときにも結構いっきに読んだ記憶はある。楽しかった記憶もある。
でも、この北方謙三の書いた新撰組、特に土方歳三をメインとして書かれた「黒龍の柩」もそれに負けず劣らずの良さがあったと思う。
著者が何を考えて書いたのかは知る術も無いわけですが、土方を筆頭に新撰組の人たちが何を考えて行動していたのか、ということがうまく描かれていると思う。実際の史実などの文献から、想像していった部分もあるかもしれないが、著者の登場人物に対する思い、またはその歴史背景に対する思いなどもそこに盛り込まれているんではないかと思った。
登場人物の気持ちの動きなどもよく書かれているため、話にも登場人物にも非常にのめり込みやすかった。昔から北方謙三の本はよく読んでいるが、やはりこの人の本を読んで共通するのは、登場人物に対する読者側ののめり込みやすさが非常に強いと思う。だから、何の本を読んでも面白く楽しく読むことができる。
今までは、北方謙三の書いた歴史小説というのは、あまり読んでいなかったけれども、今後は歴史小説の方もちょくちょく読んで行こうかと思います。

久し振りに長文の感想文になってしまった。適当に読み流してもらえればと.....。

....って文末に書いても意味は無しか???
スポンサーサイト

テーマ:歴史小説 - ジャンル:本・雑誌

TOP
この記事に対するコメント

北方謙三の本って読んだこと無いです^^;・・・
釣りバカ日誌はマンガだしなぁ~(´-`)

昔、池波正太郎の「剣客商売」は好んで読んでいましたね^^
何か辛気臭い?
【2005/11/01 22:59】 URL | れいほう #8iCOsRG2 [ 編集]


かたなさんこんばんわ♪
長文の感想文、最後までちゃぁ~んと読ませていただきましたよ*^^*
感想文って、その本を実際読んでいないのに、ちょっと読んだ気分になれるので、結構好きです^^
私も、れいほうさんと同じく北方謙三の本
一度も読んだことありませんでした^^;
でも司馬遼太郎の「竜馬がゆく」は、結構楽しく読めましたよ*^^*
【2005/11/01 23:13】 URL | YUKA #17ClnxRY [ 編集]


>れいほうさん
俺ってば逆に池波正太郎の本を読んだことが無いですよ。しかし、剣客商売って題名...辛気臭いっていうよりも渋い....

>YUKAさん
最後まで読んでくれてありがとうございます。竜馬がゆくを楽しめたのなら、この本も結構楽しめると思います。是非、読んでみて下さい。
【2005/11/02 06:32】 URL | かたな #- [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://katana1973.blog8.fc2.com/tb.php/127-26da9d32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。